片岡昌展- 超次元アートと『ひょうたん島』 @池田20世紀美術館

静岡県伊東にある、池田20世紀美術館で、片岡昌展- 超次元アートと『ひょうたん島』 -を見てきました。


池田20世紀美術館は、伊東市にある私立の現代アート美術館です。

Ikeda Museum of 20th Century Art

Ikeda Museum of 20th Century Art

片岡昌さんは、人形劇団ひとみ座の人形制作者として有名ですが、現代アートの作家でもあります。


今回の展示は、人形ももちろん、かなり初期の頃のトリックアート的な作品などもたくさん見られて興味深かったです。

三次元の世界の、空想力というか、ほとんど妄想と言ってもいいような奔放な想像力の世界に圧倒されました。


常設展もあわせて展示されており、名画の数々も。

個人的には、ヴラマンク、キスリングなどをナマで久しぶりに見れたのが収穫でした。ダリのキリンの絵なども素晴らしかったです。


また、ムンクの作品の解説で、ナチスドイツ支配下で、「退廃芸術」と言われてほとんどが没収された話が書かれていたのも、そういえばそんな歴史が、とあらためて。

でも、「退廃芸術」は良いです。やっぱり、めざすところはそこかな、と(笑)。いえ、本当に。


10月までやっているらしいので、夏休みにお近くまで行かれたかたはぜひ!


今回日帰りだったので、美術館以外あまり見れず。伊東の街はあいにくの雨なこともあり、ちょっとどよどよした写真を少し。

Ito

そして、ハトヤの送迎バス発見!ちょっとうれしい(笑)。

Ito

裏通りは静か。

Ito

Ito
[PR]