ちょっとだけレンズのハナシを (4) - Zuiko Digital 14-54mm F2.8-3.5

またまた、レンズのお話ですが。


初登場、ズームレンズ!


私は別にマニア(?)ではないのですが、持っているレンズは単焦点レンズが多いです。それはひとえに、ライブ写真を撮るために明るいレンズ!を追い求めた結果。

写真もしくはカメラに詳しい方が、ズームレンズより単焦点のほうが設計も無理が無いから画質がいい、とかいうんですけど。ホント?と思っていました。

しかし、確かに違いはある!

それでも、ズームレンズはやはり便利だし、この14-54mmに関しては、画質も良いし、写りの感じも好きなのです。

Sky

ちなみに、このレンズは、IとIIがあって、私が持っているのは初代のIのほう。IIのほうが絞りバネが変わったので、ボケが奇麗らしいです。

このレンズの良さは、E-620に付けた時のすっきりとしたヌケの良い写り、F2.8の明るさ(通しではないけど)。そして、防塵防滴。

ま、レンズだけ、防塵防滴でどうする、とは思うのですが、一番アメカゼかかるのも先っぽのレンズですから、無いよりあったほうが安心。

先日の東北被災地訪問の際も、津波でアスファルトがはぎ取られ、むき出しになった地面を行き交う復興作業のトラックのために相当の粉塵が舞い上がっていましたが、ノートラブルで撮影することができました。

P8064786


あと、結構寄れるので、マクロ的な写真や、テーブルフォトもオッケー。

Flowers

最近の旅行のお供の定番は、基本、このズームを付けて。バッグに100mmマクロで、コレという被写体にあった時は付け替える。そして、夜、宿に帰ってからのんびり夕飯を食べに行く時は、重い荷物はいやなので、50mmのパンケーキを持って、という感じ。

一応、ズームの他に標準画角のレンズを持って行けば、万一ズームレンズの具合が悪くなったときとか事故にあったときとかも、予備として使える、という気持ちで。

ちなみに、このレンズくん、ライブの現場でうっかり手近の棚の上に置き落下させ入院修理、という哀しい思い出があります。

それ以来、機材は基本床の上とか地面の上に置くようになりました。

ハナシそれましたが、頼りになる、万能レンズくんなのです。

Roses

難点をあえて言うと、フードやキャップがとてもとても外れやすい(怒)。旅先でフードを一度無くし、キャップも何度も無くしかけました。写真はフード無しで撮って、ばっちりフレア(ゴースト?)が!

純正のフードが、当然のようにまた高い(涙) お使いの皆様はお気をつけください。

Anrakuji temple
[PR]
by zebby_kk | 2012-03-01 10:01 | 写真の話