タグ:カメラ ( 75 ) タグの人気記事

先日買ったばかりのカメラ、iphone 5c。


いえ、ほんと、電話やメールよりカメラとして活用(笑)。


で、気になっていたinstagramというアプリを使ってみました。これは、撮った写真にトイカメラ風のエフェクトを追加できるもの。

トイカメラと言えば、ということで比較してみた。

まず、普通のカメラで、E-PM1のトイカメラモード。がっつり周辺光量が落ちて、コントラストも強め。色もハッキリ。レンズの良さが災いして(?)、画像はくっきり。

PA031015


そして、トイデジタルカメラ、POCKET DIGITAL CAMERA。
ちなみに、本体はこんな。特徴は、なんといってもノーファインダー。

Pocket Digital Camera

プラスチックレンズだけあって、なかなかボケボケな感じになります。色は、黄味が強い。

IMG_0022


そして、iphoneのアプリ、instagram。撮影してから、色々な効果から選んで後がけします。縁取りも付けられます。(縁取りと効果はセット)

Closed


POCKET DIGITAL CAMERAは、ノーファインダー、ノーライブビューなので、その場では何が写っているのか全くわかりません。なので、うちに帰ってから開けてびっくりになるのですが、当たるととてもいい感じ。

これは、気に入った一枚(指かかってるところも含め)。

Scene


その点、instagramは、レンズもちょうどいい質なのと、後からぴったりの効果を選べるので、ハズレが少なく、気持ちよく仕上がります。

よく考えてみたら、トイカメラの醍醐味は当たり外れがあることというか、カメラ的に言えば「失敗」な写真がまさかの大当たりなのがミソなので、邪道と言えば邪道ですが、遊びとしては楽しいかもです。

Flowers


先日、たまたまガス灯の話を聞いたとき、ガス灯から普通の電気の灯りになったときは当時の人々は、明るさにびっくりして喜んだのだろうなと思ったのです。

同じように、カメラも古くはガラス板にボンヤリ写っている時代から、そこまで古くなくても、100年プリントとか無い頃は、撮った写真が時間が経ってセピア色に退色してがっかりだったりしたはずですが、今や、最初からセピアだったりぼけぼけだったりを有り難がるとは! 人間の感覚は不思議です。


オマケで、比較例もうひとつ。


E-PM1↓
PA031005


POCKET DIGITAL CAMERA↓
IMG_0021

instagram↓
Building
[PR]
「今さらだけど〜」シリーズは、今さらペンミニと思って始めましたが、さらに今さら夜景の話。


最近、アコースティックライブを撮るときにペンミニをかなり愛用してます。

なんと言っても、シャッターを切った時の音がかなり静かというのが助かるのと、高感度もかなりいい。

そして、色々試してみて薄々感づいてしまったのですが、全自動おまかせでベストショットを撮ってくれる「iAuto」がかなり良いのです。カメラマン要らずか?

実際ライブだともう少しシャッタースピードを上げたい気もするので使えるシーンは限られますが、絵作り自体はなかなかキレイ。

で、やっと先日普通の夜景を手持ちで撮ってみました。レンズは、ツインレンズキットのズーム。

まず、絞り優先で。F4.5、ISO800。

PA068944

次に、iAuto。自動でF4.4(←不思議な数字)、ISO1600。

PA068945

許容範囲はひとそれぞれ違うと思いますが、ISO1600でも個人的には実用のレベルです。強力な手ぶれ補正とあいまって、拡大してみてもディテールもしっかり。発色の抜けの良さもあって十分かと。

↓ 以下が拡大画像。

PA068945_s

※ Adobe Lightroom 2を使っての書き出しや、flickrへのアップロード時に多少圧縮処理などがかかっていると思いますが、今回、補正などの処理は一切していません。


普段だったら、Lightroomでコントラストをあげたりノイズをとったりしたいところ。ペンミニのノイズは、なんというか「さらっとしている」ので処理しやすいと思います。


以下、おまけ。

PA068950

PA068948
[PR]
先日、携帯用のミニ三脚を購入し、持ち歩いたり、室内で小物を撮ったりするのにも活用しておりました。


しっかりした作りがなかなかいい感じですが、小物撮りには、もう少し高さが欲しい感じ。ミニ三脚を何かの上に乗せたりなどしていたのですが、やっぱりブレる。

ということで、簡単な機材を追加。「SLIK for Digital MINI II」。

P9195123

レリーズは、ケンコーの製品。

P9195126

三脚のほうですが、とても軽量で、置いて使うこともできますが、脚を自分の体に当てて固定する、というような使い方もできるようです。

試しに、E-620にマクロレンズを付けたものを装着してみたら、使えなくはないけど、ちょっと無理がありました。やはりミラーレスなどの小型カメラ用。

軽量のため三脚自体の安定性がそれほどあるわけではないので、レリーズの使用は必須。

あと、カメラに付けたまま動かして、一脚的な使い方(時には脚二本使って)ができることを発見し、これがなかなか便利。

本格的ブツ撮り用というより、おうちでちまちましたものを気軽に撮るの向きです。この2つを揃えて買ってもお手軽なお値段(あわせて三千円ぐらい)なのでいいと思います。


ということで、ちょこっと撮ってみた。ポットの高さが約51mmのミニチュア。ちなみに、台紙に貼り付いてます。

P9197719

今回初めて、ペンミニのMFアシスト機能を使用しました。

Menuボタン → SETUP → カスタムメニュー → AF/MF → MFアシスト

で、「On」にします。

AFのとき同様グリッドでおよそのピント位置を決めておいてから、ピントリングを回すと表示が拡大されます。

しかし、回すのをやめると速攻で表示が戻るので、あってるかなぁなどとゆっくりチェックができない!

ま、一旦シャッターを切ってしまってチェックをすればいいんでしょう。ということで、撮ってみました。

拡大するとこんな感じ。ちょっと微妙な感じが ... 。これはニンゲンの問題なので、練習あるのみですね(涙)。

ちなみに、レンズは、17mm/F2.8。

P9197719_cut
[PR]
先日、ポケット三脚というのを買いました。

P8245894

ペンミニに付けると、こんな感じ。角度を自由に調整できます。

P1001267

こんな風に、フラットに折り畳むことができます。

P8245892

三脚といっても、「脚」というより「台」といった感じですが。三脚メーカのマンフロットの製品なので、とてもしっかりした作りです。付属のポーチもよく出来ています。

ちなみに、写真でしっぽのようにぶらさがっているのは、付属のネジ回し。パッケージに入っているので、自分で取り付けます。

角度調節は、バネの付いた脚を力ずくで曲げたり伸ばしたりするのですが、指力(?)には自信の無いワタシでもギリギリ大丈夫なレベルでした。

以前に、似たような製品をひとが使っているのを見せてもらったことがあります。テーブルフォトを撮るときにも便利そうでしたが、今回の目的は主に、地面すれすれのアングルから撮ること。

P8245908

前に見たのはもっと軽量タイプでしたが、今回はLサイズを選択。一眼レフ用とのことです。

ペンミニも、見た目ちゃっちいけど、結構ずっしりなのと、ズームレンズを付けるとかなり重心が前のめりになるので、普通のコンデジ用の三脚だとダメだったからです。

ペンミニだけでなく、小さめのレンズを付けたデジイチや、キヤノンのちょっと大きめのビデオ(iVIS HF M41)でも使えるのではと思います。

撮影風景(笑)。

P1001270

問題は、さすがに、明るい陽射しの下、この角度とだと、ペンミニの液晶がほとんど見えないこと。ピント抜けてたり、モデルさん(笑)の足切れちゃっても、よくみえない。

今さらながら、ペンLITEとか液晶がチルトできるシリーズにすれば良かったんじゃないのとちょっと心が揺れたりしましたが、イヤ、心の眼で見るんだ!と自分を納得させています。(ま、E-620とか、ビデオだったら、液晶フルで動くしね)

P8245913

室内で、ちょっとした小物を撮るにも、あれば便利。しかし、こうなってくるとレリーズが欲しくなってきましたが、E-620とは型番が違って共用できないことを発見。残念。

Pink Bear & Bags
[PR]
ペンミニに関する以前の記事で、Eシリーズのようなスーパーコンパネが無いと書いたのですが、コメントで、初期設定では隠してありますが、設定できますと教えて頂きました! ありがとうございます!

ペンお持ちの方は、マニュアル91ページをご参照ください。

テキトー書いてすみません ... しかし、私もどこかのカメラ情報系のページで読んでそう思い込んだ記憶が ... 。Eシリーズに慣れたひとだと返ってわかりにくいのか。


あと、ミニのコンパネはE-620のような使い勝手と微妙に違っていました。コンパネから設定項目を選ぶと、いつも画面左と下部に表示される、同じ選択内容に行きます。

慣れてしまったせいもあって、これなら、最初から直接そのメニューに行ったほうがいいかなという気もします。頻繁に設定をいじる項目が数少ないなら、そのほうが速い。

ただ、各種設定変更を頻繁にする、とか、今どんな設定かを一覧で見るには便利だと思います。

選択肢があるのは助かりますね。
[PR]
無くした!と言っていた、ペンミニのアクセサリーシューのフタですが、オリンパスプラザに買いに行くヒマもないので、電器量販店に寄ったとき聞いてみましたが、やっぱり在庫無し。


代わりに、ニコン用のならありますよ、と。

確かに、アクセサリーシューは標準規格なわけですから、基本は合うはず。160円とのことだったので、とりあえず買って付けてみた。

Camera

って、ブラックですか、って一瞬思ったけど。ウチ帰って、ニコンD5000見たら、確かに同じのだった(笑)。

今度は落とさないように、マステで留めてます。

で、お店の人曰く、オリンパスのペンミニ用のは、EVFのクチ(下の横長のアナね)のところのカバーもしていたはず、とのこと。

確かに、開けっ放し。気になる。色も気になるし。小川町、いつ行けるかなぁ ... 。
[PR]
どうしても気になるので、E-620と、ペンミニのパンケーキ比較をちょっとしてみました。

E-620に、フォーサーズ用、25mm/F2.8と、ペンミニに、マイクロフォーサーズ用17mm/F2.8。

ちょっと暗めの室内(一応昼間)だったので、最初ISOオートにしたら、意外とE-620のほうが高くなったりしたので、どちらもISO400で固定にしてみた。個人的に、普段よく撮るシチュエーション。


E-620+25mm/F2.8 ↓

P5023322

ペンミニ+17mm/F2.8 ↓

P5021265


画角がそもそも違うし ... 。一応クマは動かしてないけど、手持ちなんでカメラの角度とか適当。E-620はもちろんファインダもありますが、どちらもライブビューを使ってこつこつピントを合わせて、なるべくよって撮影。

で、Lightroom 2に読込んで拡大して見ていたら、結構雰囲気が違う。等倍鑑賞であら探しとかする趣味はないけれど、雰囲気の違いはどこから来るのかの好奇心ゆえ。

* ちなみに、露出はオートにしたら、ペンのほうがオーバー気味ということは今回無かったです。どちらかと言うとE-620のほうがアンダー目な位。で、どちらもLightroom内で少し明るくした。

以下、Lightroom 2の拡大画面のスクリーンショット。まず、もさもさ部分。

E-620+25mm/F2.8 ↓ (ピント位置微妙?!)

620_2

ペンミニ+17mm/F2.8 ↓

pen_2

光ってる鍵のアクセサリの部分。実は、先日ペンのズームレンズのほうで撮った画像を拡大したとき、ココの差が気になっていました。そのときは、ちょっと手ぶれもあったりしたので、きちんと検証してみたいなと思っていたのでした。特に、パンケーキ同士で。

E-620+25mm/F2.8 ↓

620_1

ペンミニ+17mm/F2.8 ↓

pen_1


重箱のスミ的に見て行くと、ペンのほうの鍵の描写が、若干、偽色(?)が目立つ感じ? ちなみに、この鍵の素材は、プラスティックを金色に塗ってあるもの。

ちょっといやらしく、さらに拡大してみた。

E-620+25mm/F2.8 ↓

620_3

ペンミニ+17mm/F2.8 ↓ ペンミニくんのレンズには、苦手な被写体だったのかも。

pen_3

普段は、こんなあら探しをするわけじゃないですけど。

ペンミニのレンズも決して悪くは無いけれど、フォーサーズのレンズのほうが、なんというか描写に余裕があるような気がするのは、気のせいだけでは無い気もしてきました。
[PR]
買い物の合間に、うっかり本屋さんを通り抜けたところ、うっかりこんな本を発見。

話題のあのカメラのムックです。

P5023318

って、購入予定も願望も妄想もないんですが、ひとつのお目当てはコレ。オマケ。

P5023319


今、あのカメラを買ってユーザ登録するとミニチュアが貰えるらしく、へぇ〜と思っていたのですが、なんとペンシリーズでも貰えるらしい!と思ったら、私は買ったのがちょっと早くてダメだった!などとココロの動揺を最近経験したり、前にデザイン雑誌のオマケのペンのミニチュアを手に入れているひとがいてうらやましいと思っていたりしたので、ついつい。

実際、オマケは、前に200円のガチャガチャで入手したペンタックスのと同じクオリティで、正直ちょっとがっかり。むしろ、ガチャののほうが、ひとまわり大きい分しっかりした作りに見えるし、ガチャのはボールチェーンが付いてるのに、こちらはヒモというのもなんだかなぁ ... 。ま、「交換レンズ」も付属ですけど(笑)。ちなみに、ガチャのペンタのもレンズ外せます。


で、もうひとつの目的は、マイクロフォーサーズのレンズに興味津々。

ウェブでも作例は見られますが、印刷されたときのイメージというか雰囲気を見てみたかった。

結論から言うと、正直、ココロを鷲掴み!的なレンズはあんまり無かった。

ペンミニで薄々感じていましたが、マイクロフォーサーズ自体の絵作りは、全体にやっぱり、くっきりはっきり系で、寒色系? 

作例は、ひとレンズに一個なので、印象は写真の種類にも左右されるのですが、個人的に好きな感じだったのが、LEICA DGのSUMMILUX 25mm/F1.4と、MACRO-ELMART 45MM/F2.8もともかく、M.ZUIKO DIGITALの12mm/F2.0。

評判のいい、45mm/F1.8の作例は以前からどんなのを見てもピンと来なかったのですが、今回も特に感動せず。

このムックでの12mm/F2.0のレビュー見ると、「線の太い感じ」とあったので、ポイントはそこかもと思ってみたり。そういう感じの方が好きなのかも。

もっとも、12mm(24mm相当)なんて広角、貰っても(←くれない)なかなか使いこなし難しそうですが。

現実的な妄想(あくまで)としては、SUMMILUX 25mm/F1.4がちょっと気になりますが、これだったら、フォーサーズ用と一緒。そして、カカクコムとかちょっと見てみたら、フォーサーズ用は時々本当にドラマチックに写る時があるけど、マイクロフォーサーズのは普通に優等生な感じ、とのこと。

もちろん、写真はレンズを含む機材がすべてではないですが、機材が(もちろんウデも)良くなることで、確実に(いろんな意味で)「歩留まり」は良くなるからなぁ ... 。


ムックをしみじみ眺めていたら、あのカメラの「オーナーズBOOK」って副題が付いてた!

オーナーでもなく、なる予定も、妄想も野望も無いのに、買っちゃってすみません。

とはいえ気になる、あのカメラの話題はまた追々(買わないけど)。


写真は散り敷いた八重桜。スゴイことになっていた。

Flowers

Flowers
[PR]
運動がてら、公園に行きました。


で、ついでなんで、ちょっと撮り比べしてみました。以下3通り。

(1)E-620にZUIKO DIGITAL 25mm F2.8(単焦点パンケーキ)。

(2)PEN mini E-PM1にに、M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8(単焦点パンケーキ)。

(3)PEN mini E-PM1に、M.ZUIKO DIGITAL 14-42mm F3.5-5.6 II(ズーム)


テスト条件、方法、かなりテキトーですが、個人的な目的はいつも撮ってる感じで、雰囲気違うかな?というのを見てみたい、という趣旨。

Aモード、ISOはオートにしたはず。

ペンはいつも露出オーバー気味になるので-0.3にしたら、取り込んでみたらちょっと暗くて、Lightroomで+0.7にしたり。何やってるんだか。

(1)f2.8/ISO250

Test

(2)あれ? f3.8になってる?! /ISO250

Test

(3)15mm/f3.6/ISO250

Test

もう1パターン、黒っぽい被写体にしたら、ISOオートがすごいことになってました(笑)。

(1)f2.8/ISO500

Test

(2)f3.5/ISO500

Test

(3)f5.2/ISO1250。35mm

Test


よくわからない撮り比べ状況ではありますが、個人的には、いつも漠然と感じていた感じがわかった気がしました。

ペンミニのパンケーキの描写が、意外とカタイ(今回絞りの関係もあるんで、厳密な検証できてないですが、雰囲気の問題で)、そして、青み?の強い色目。

一言で言うと、ズームのほうが、使い慣れたE-620の絵作りに近いものを出している気がします。

ま、E-620は特に曇天下では、結構マゼンタかぶり(赤みが強い)なので、それが悪く出る場合もあるのですが。

純粋に好みの問題で、やっぱりこのズームレンズ、好きかも、と思ったのでした。
[PR]
exciteブログ、しばらく前から、結構細かいアクセス解析が(やっと)付いたのですが、それを見てると、最近、ペンミニ関係で検索してくる方が圧倒的に多い!


責任重大っ!


とはいえ、プロのライターではないので、勝手に個人的感想を書きたいと思います。

今回は、キカイとしての使い勝手。

Camera

1) まず、大きさ。

小さいです! 私自身は、何度も書いてますが、手が小さいので全然問題ないのですが、チマチマしたボタンがダメ、という方も出てくると思います。

しかし、そういう「女性向け」な感じな割に意外と ... な点が2つ。

店頭でモックを触った時は気づかなかったのですが、ストラップを付けたら、意外と、シャッターボタンが遠かった! ストラップの外側からよっこらしょ(?)という感じになるので。慣れれば、それほど問題ではないですが。

もう1 点。底面に電池とSDカードを入れるスロットがあるのですが、そこの操作が、基本、ツメの先を使わないといけない仕様。付け爪、ネールアートなどしっかりしている方とかは、ちょっとツライかも。これも、慣れれば、指の横腹(?)を使えるか ... な?


2) グリップが無いのは、やっぱり持ちにくかった。

手が小さいので、一眼レフとかでがっつりグリップがあるとダメと思っていたのですが、さすがにここまでフラットだと、片手でハイアングルで撮りたいときとかに滑る、ということに気づきました。E-620なら軽々持ち上がるのに。ボディの重量バランスの問題もありますね。ま、両手で持てばいいんだけど。


3) 逆に、問題無いな、と思ったこと。

モードダイアルが無く、多くの操作を液晶画面で設定するのは、メニューが結構わかりやすいので、そんなに困らなかったです。ちなみに、E-620には、スーパーコンパネと呼ばれる、わかりやすいメニュー画面があって便利なのですが、ペンミニにはありません。でも、とにかく、個人的には、実用には問題なし。

追記:コメントで教えて頂きました! スーパーコンパネあるんですね。しかし、Eシリーズのような使いやすさは無かった ... orz

強いて言うと、オシャレなメニュー切り替え画面がカラフルすぎて、目がクラクラする(笑)。キレイなイラストとか多用しているのはいいのですが、なんか統一感が無い。


あと、液晶がチルトしないことも特に困らない。

E-620の液晶はビデオカメラのようにフルで動くタイプで、時々利用。あるにこしたことはないですが、無くてもなんとかなります。問題は、代わりに目玉をチルト(?)させるので、変な顔になってそうなことぐらい(笑)。

こういうハードウェア的可動部分があると、重さや大きさに響くということもありますが、ウィークポイントにもなりえます。E-620が数年使って先日故障したのが、液晶とモードダイアル。可動部分は絶対経年劣化するので。


4) 最初?と思ったけど、意外といいな、と思ったこと。

再生画面の画面送りが、左右のボタンではなく、ホイールの外側をまわす、というのが最初違和感があったのですが、慣れると意外と使いやすかった。


5) 特殊なニーズに関して

撮影の八割が暗いところ(笑)という特殊なニーズで気づいたこと。

カメラの上部(天面)の電源ボタンが、電源オンの間、ずーーーーーーーーーっと(液晶画面タイムアウト時さえも)青く光っているのが、気になる。

昼間は気にならないのですが、暗いところだと結構な光量。ライブ会場とかだと、液晶画面の明るさも周りのお客さんの目に入って邪魔にならないかと気になったりします。液晶は自分の体の前になるべく付けるようにできますが、上部のボタンは意外と目立つのではないかと心配。

あと、夜、首から提げて歩いている時、自分の目にも意外と刺さる!

ここは、ホントに気になる! 買い替えたいとまでは思わないですが、もし、オリンパスプラザに持ち込んだら有料で何か対策をしてくれるとかだったら、本気で考えるレベル。

とりあえず、何かカバー的なものを工夫したいと思っています。

暗いところ、という話のついででは、ライブビューでのAFスピード、明るいところでは特に不満無く、十分な感じですが、当然暗いと迷う場合が多いです。これも仕方ないとはいえ、高感度ノイズがE-620より良くなってる割にちょっと残念と言えば残念。ただし、私が写真を撮るような暗さというのは、カメラにとって本当に過酷な場面なので(笑)、通常の使用なら特に問題は無いかと思われます。

高感度ノイズについては、そのうち、しっかり検証してみる予定。

Bear
[PR]