222

ネコの日ですね。

Cat
[PR]
都筑アートプロジェクト2013「ニュータウン幻想動物園」、26日土曜日の午前中はあいにくの雨でした。昼位には上がるとの予報がずれ込み、2時過ぎまでしとしとと。

高架下は直接雨には濡れないのですが、周囲を歩いている方も減るせいか、てきめんに入ってくる方が少なくなります。

雨が上がって空が明るくなった途端、入場者が次々と。不思議です!


さて、昨年の話ですが、オープン展示だったため、ゲリラ的に作品を置いて行った方がいました。夜の間に板に描いた力作と電話連絡先のメモが残されていました。

無事ご連絡がとれ、今年は正式にメンバーとしてまた傑作を展示しています。

パブリックな場の展示ならではのハプニング、というか、エピソード。


そして、今年、ふと気づくと、高架下のコンクリート柱の足下に、こんなオブジェが!

Spam


今回の方は、完全アノニマスさんで、連絡先も不明 ...

... なのかどうかわかりませんが、一本の柱の根元で、スパム缶がとてもいい感じなオブジェと化しています。さすがのポップアイコンっぷり。メッセージは、ネット社会批判か。

しかも、どうやら未開封。中味入です。

ご来場の際には、ぜひ探してみてください。

キャプションを付けてみたいなとまで考え中(笑)。


こちらは会場外のオプジェ(?)。

Umbrella
[PR]
気づくと、今年が半分終わり。


アタマを整理整頓。やりたいこと、やるべきこと。


成果、ムダ、信頼、失望、期待。


いろいろ考える。

夏ですね。

Bear alone
[PR]
某ステーキ屋が安くておいしいという話を聞いたけど、出没範囲で見たことないと思っていたら、先日、某所にいつのまにかできていることを発見。

前に別の店だったところが潰れて久しかったのが、居抜きで変わっていたらしいです。


で、行ってみました。

Food

サラダバーにデザート的なものもあったりして、良かったです。

お店は大繁盛。子ども連れが多かった。綿飴製造機とかもあって、楽しめるのかも。

たまには、ブログみたいな話でした。

Food
[PR]
写真を色々撮るつもりが、ちょっと予定が狂って、この日はコレ位。


今日だけは、


「知識は力なり」


を信じていようと思った。明日になったら、またナナメに世の中を見たくなるかもしれないけれど。

Hydrangea
[PR]
ブログを公開するということは、60億人に公開しているってことだということは、アタマではわかっていても、普段は、知り合い3人位(+検索でうっかりたどり着いてしまったひと)しか見ていない位の意識しか無く。


某所で、このブログの話になり、


おしゃべりが過ぎる!


スクロールしないと読めない!


書き方がタカビー!


と、大ひんしゅくの嵐!(涙)


ということで、反省しきり。写真ブログの初心に戻って、写真だけ載せようと決意したら、載せられるような写真がなかったのであった。


ふうっ。

Bear
[PR]
Gホイホイの開発者の方が亡くなったそうです。


個人的には、使ったこと無いです。直視しないで済むとはいえ、苦手。


製品開発にあたって、誘引剤を開発できたのが、成功の鍵だとか。美味しそうな匂いとか、フェロモン系のとかなんでしょうか。

しかし、そういうものに惹かれるのは、いわば生存本能。それで、まんまとだまされる方々は、気の毒でもあります。


写真をちょっとホメられたりの甘言にもコロっと引っかかる私としては、身につまされるところもあるし。

最後は、ハコと一緒に燃やされるなんて(涙)。

ホンモノとニセモノ、嗅ぎ分けられるようにならなければ。

さて、写真はどっち?

False flowers
[PR]
若干バタバタしていたGWも終わって、エアポケットのようにのんびりした日。


微妙な天気の中、お散歩。

Flower

コンビニにて、ひと休み。前から食べてみたかったコンビニのソフト。これは、プリンとバニラの二色ソフト!

Food

こちらは、たこ焼き的スナック。意外とホンモノっぽい旨さあり。

Food

夜は、録画してあったテレビを見ました。福山雅治さんの東北支援、石巻の学校でのコンサート。合間に挟まれる被災地の風景も懐かしく、感無量。

そして、カメラワークを見ながら、イメトレ(笑)。

P5081312
[PR]
何度か書いてますけど、アイデアノート的な用途に、デルフォニクスのRollbahnというシリーズのノートを使っています。


表紙にドイツ語が書いてあったり、なんとなくヨーロピアンなカラーリングから、輸入文具かと最初思ったのですが、日本のメーカーでした。

色数が多くて、なんと14色もあるらしいです。

初めて買ったのが青。それから赤→黒と、その時々の気分で変えて来て、今回、まずオフホワイトを購入。しかし、これはあるプロジェクト用に使うことにしたので、さらに追加で「コーラルピンク」というのを買いました。

こうやって並べると、そこはかとなくトリコロールな感じ。

追記:写真差し替えました。

Notebooks 2

このノートの良いところ。

1. ゴムバンド付き。ページが勝手に開かない。

2. 厚紙の表紙が丈夫。使い込んで傷がついても、それはそれで許せるようなデザインなので、気を使わずに使える。

3. 意外と軽い。

4. 中の紙がクリーム地に薄い方眼なのですが、書き味が適度にひっかかりがありながらも滑らかで心地よい。ちなみに、筆記具は主に2Bのシャープペンシルを使用、ゲルインキのペンとかでもそんなに裏写りとかはしません。

表紙もあわせて、その辺の紙質の絶妙さが、日本製ならではか。

5. ページの最後に、クリアポケットが5ページ付いている。これは、貰ったメモや資料を入れたり、単に持ち歩きたいポストカードやシールを入れたり、と便利かつ楽しい!

6. ページにミシン目付き。メモを人に渡したりも簡単。

難点を言えば、激安ではない。でも、意外とページ数があるので、実はそんなに割高なわけではないと思う。

あと、方眼なので、文章をひたすら書くようなひとには向かないかも。


決して、万年筆とかにやたら拘ったりとかの嗜好はないのですが、ノートとか手帳の書き味は、かなり精神に影響を与える気がします。

書き味ひとつで、素晴らしいアイデアが浮かぶとまではいいませんが、少しだけスムーズにはかどる仕事や考え事もあると思う。

ということで、お勧めです。私がいつも使っているのは、Lサイズという138 x 180mmのものですが、超ミニミニから、かなり大判まで、6つもサイズあり。色も、上でも書いたように14色もあって、全色制覇だ!とか言ってみたりしていますが、好みもあるので、あと、2,3色は使ってみたいなと思っています。
[PR]
買い物の合間に、うっかり本屋さんを通り抜けたところ、うっかりこんな本を発見。

話題のあのカメラのムックです。

P5023318

って、購入予定も願望も妄想もないんですが、ひとつのお目当てはコレ。オマケ。

P5023319


今、あのカメラを買ってユーザ登録するとミニチュアが貰えるらしく、へぇ〜と思っていたのですが、なんとペンシリーズでも貰えるらしい!と思ったら、私は買ったのがちょっと早くてダメだった!などとココロの動揺を最近経験したり、前にデザイン雑誌のオマケのペンのミニチュアを手に入れているひとがいてうらやましいと思っていたりしたので、ついつい。

実際、オマケは、前に200円のガチャガチャで入手したペンタックスのと同じクオリティで、正直ちょっとがっかり。むしろ、ガチャののほうが、ひとまわり大きい分しっかりした作りに見えるし、ガチャのはボールチェーンが付いてるのに、こちらはヒモというのもなんだかなぁ ... 。ま、「交換レンズ」も付属ですけど(笑)。ちなみに、ガチャのペンタのもレンズ外せます。


で、もうひとつの目的は、マイクロフォーサーズのレンズに興味津々。

ウェブでも作例は見られますが、印刷されたときのイメージというか雰囲気を見てみたかった。

結論から言うと、正直、ココロを鷲掴み!的なレンズはあんまり無かった。

ペンミニで薄々感じていましたが、マイクロフォーサーズ自体の絵作りは、全体にやっぱり、くっきりはっきり系で、寒色系? 

作例は、ひとレンズに一個なので、印象は写真の種類にも左右されるのですが、個人的に好きな感じだったのが、LEICA DGのSUMMILUX 25mm/F1.4と、MACRO-ELMART 45MM/F2.8もともかく、M.ZUIKO DIGITALの12mm/F2.0。

評判のいい、45mm/F1.8の作例は以前からどんなのを見てもピンと来なかったのですが、今回も特に感動せず。

このムックでの12mm/F2.0のレビュー見ると、「線の太い感じ」とあったので、ポイントはそこかもと思ってみたり。そういう感じの方が好きなのかも。

もっとも、12mm(24mm相当)なんて広角、貰っても(←くれない)なかなか使いこなし難しそうですが。

現実的な妄想(あくまで)としては、SUMMILUX 25mm/F1.4がちょっと気になりますが、これだったら、フォーサーズ用と一緒。そして、カカクコムとかちょっと見てみたら、フォーサーズ用は時々本当にドラマチックに写る時があるけど、マイクロフォーサーズのは普通に優等生な感じ、とのこと。

もちろん、写真はレンズを含む機材がすべてではないですが、機材が(もちろんウデも)良くなることで、確実に(いろんな意味で)「歩留まり」は良くなるからなぁ ... 。


ムックをしみじみ眺めていたら、あのカメラの「オーナーズBOOK」って副題が付いてた!

オーナーでもなく、なる予定も、妄想も野望も無いのに、買っちゃってすみません。

とはいえ気になる、あのカメラの話題はまた追々(買わないけど)。


写真は散り敷いた八重桜。スゴイことになっていた。

Flowers

Flowers
[PR]