タグ:写真 ( 104 ) タグの人気記事

昨年参加させて頂いた、「都筑アートプロジェクト2012」のレポートが出来上がってきました。


ヨコナガでマットな紙を使用した、とってもステキな製本!

TSUZUKI ART PROJECT 2012 DOCUMENT


テキストもたっぷり、読み応えがあります。

TSUZUKI ART PROJECT 2012 DOCUMENT


ひとり1ページに作品紹介されてます。ちなみに、私の作品のページですが、写真の写真は他の方に撮って頂いたものだという ... 。

TSUZUKI ART PROJECT 2012 DOCUMENT


逆に、私が撮った、他の方の作品や会場風景などを載せて頂きました。これは、昨年大好評! 物議もかもして通報(笑)までされたという人毛製キノコ。

会場では会期中たくさん写真を撮ったので、どれが自分のか忘れていたのですが、お、この角度いいなぁと思ったら、自分が撮った写真でした。「自画自賛」というより、単に自分の好みだったというだけですね。

TSUZUKI ART PROJECT 2012 DOCUMENT

この冊子は、ギャラリーや公共の場所にお送りして置いて頂いたり、販売をするようです。


ということで、2013年の準備がスタートしたところです。今年もお手伝い&出品もさせて頂く予定です。

Bear alone at new town
[PR]
flickr大変化から10日ほど立ちました。


最初は使いにくいと思った新インターフェース、正直、少し慣れました。

しかし、やっぱり気になることがいくつか。

1)まず、パフォーマンス。画面や機能により、やたら重いところがある。

2)デザイン性。やたらみちみちに敷き詰めたり、サムネールを生成するとき、写真を勝手にクロップしたり ... そういうのが今風でクール!と思っているらしいのですが、ちょっと微妙。

3)いろいろ写真管理がやりにくくなったり、有料アカウントは新しくは取らないと言ってみたり。
無料1TBのストレージをアピールしてライトユーザをたくさん集めて広告収入で運営しようという方針らしいですが、既存ユーザ数が大きな武器とはいえ、そんな後追い的なビジネスで、ただただ過当競争に陥るだけでは?とちょっと心配。

↓ コレは「セット」のサムネールが並んだ画面。みちみち。

flickr



とりあえずは、末永く使いたいとは思っているのですが、もしもっと良いサイトがあれば、とも思います。

そこで、flickrの中のコミュニティでウワサになっている、ipernity(アイパニティ)というサイトを登録して試してみました。

ioernity

気に入ったところ。

1)どの画面もまあまあの速度。

2)画面がシンプル。写真のバックが常に白い、というのも好きです。

3)ブログ内蔵。

気になったところ。

1)flickrと違って、アップロードのツールなどがまだ少ない。

2)複数を一度にアップしようとすると、アップできない写真がある、というエラーに早速遭遇。

3)管理画面その他、flickrに似すぎ。そのうち、訴訟騒ぎにでもならないかとちょっと心配。

追記:アカウントのサイト名を、トップ画面上部に自分で自由に決めて設定できるというので、それはいいかも、と思ったのですが、なんとそのタイトルは「見ているユーザの使用している言語に自動的に翻訳されて表示されます」とのこと ... それはちょっとイヤだ。


アップする写真の種類を変えて、使い分けてもいいかなと思っています。
[PR]
写真共有サイト「flickr(フリッカー)」について、何度か書いたことがありますが、本日大きな変更がアナウンスされてびっくり、という話です。

以下、長いですが ... 。


このブログに表示させている写真や画像のほとんどは、エキサイトのサーバーにアップしているのではなく(容量制限があるため)、フリッカーに一度アップしたものを参照して表示しています。

フリッカーは元々カナダで始まったサービスでしたが、その後ヤフーに買収されて今日に至っています。写真をアップして表示したり管理したりできるというだけでなく、いわゆるSNSとしての、メンバー同士の交流も大事な機能になっています。グローバルなサービスなので、色々な国の方の写真を見たり、コメントし合ったりできるのは中々楽しいです。


というわけで、2006年から愛用しているサービスなのですが、本日アクセスしてびっくり! 見た目の大幅な変更に加えて、サービスの条件のドラスチックな変更がアナウンスされたのです。ユーザ間には大激震が走っていて、参加しているグループで本題そっちのけでディスカッションが盛り上がっていました。


で、まずトップ画面でびっくりしたのですが、なに、この写真?!

screen


いえ、クマではなく(笑)、一番上のトリが飛んでるヤツ。

これは、私の写真ではないです。ブログのテンプレートとかでも、トップに写真があるのはありますが、仮にも写真サイトなのに、本人のでない写真を勝手に使うとは!

もちろん、この画面は自分の好きな写真に差し替えることはできましたが、デフォルトは無地にするか、せめて本人の写真にして欲しかったです。


表示の変更では全体に重くなったりとかもあるのですが、問題は、サービス内容や料金の変更。

まず、今まで年25ドル程度というとても格安な有料アカウントは、ストレージの容量が無制限でした。

それが今回、フリーアカウントも有料アカウントも、容量の違いはあっても制限ができたようです。ちなみに、一番高い年約500ドルの有料アカウントで、2TB。微妙です。

たしかに、無制限ストレージを格安でというサービスの継続が難しいのはわかります。なので、値上げや制限は仕方ないとも言えます。

しかし問題は、どうやら今回の変更が、サービスを拡充ししっかりお金を取って利益をあげていこう、という趣旨ではないらしいことです。

実は、一番びっくりしたのは、今後新規の有料アカウントは取らないという告知がされたことです。

つまり、赤字も出したく無いけれど、今後出来れば緩やかに辞めたいという意図なのでは?と勘ぐりたくなる状況なのです。ヤフー全体にとっては、フリッカーの重要度は低いでしょうから。


今後どうするのかをいろいろ考えて検索してみたところ、リーズナブルな価格の良心的なサービスもあるようなのですが、問題は、フリッカーは単なるストレージやアルバム管理のサイトではなくなっていたことです。フリッカーを通じて知り合ったユーザさんの多くと縁が切れてしまうのも残念なところです。コンタクトを取りあっているような人なら、こっちへ引っ越したよ、という案内もできるでしょうが、時々こっそり覗いたりたまにコメントをしあったりのユル〜い関係もなかなか貴重だったのですが ... 。

あと、インターネットの古き良き時代の自由な雰囲気を残していたフリッカーが変わって行くのは、「ひとつの時代の終わり」的な感慨に耽ってしまいました。変化は仕方ないのですが。


ちなみに、フリッカー上の私の写真で、ぶっちぎりのアクセス数を誇るのがこの写真。

油壺マリンパークのメガマウスシャークの標本(模型?)です。珍しい深海ザメのため、あまり写真がなく、みなさん、検索でたどり着くようで。御役に立てているのでしょうか?(笑)

Megamouth Shark
[PR]
Happy Holidays!

Happy Holidays!

☆アリアワセの素材で、季節の写真をいくつか試しに撮ってみましたが、これが一番、それらしくなりました。モデルさんがいいようです。赤鼻だからか。
[PR]
先日お知らせした、「HINOKI ANNUAL 2011-2012」、無事終了いたしました。

ご覧頂いた皆様、ありがとうございます。


こんな感じで、展示しておりました。

Open your book

上から見ると、こんな感じ。結局、見る方が自分で開けるという方式は断念。準備不足を反省。

Open your book

テーマは、前回も書きましたが、「open your book」です。

万一誤解をされるといけないのですが、オープンというのは、外に向けてという意味ではないです。自分のココロの地下室に降りて行くような、そんな感じです。


締めくくるのは微妙に早いですが、2012年は、意外と(予想外というか、望外というか)発表の機会を与えて頂きました。

さて、来年は?

現在、考え中というか、考えすぎ中です。
[PR]
お知らせです。

今年1月に個展をさせて頂いたギャラリー檜で、今週から行われる展覧会「HINOKI ANNUAL 2011-2012」に出品をします。

これは、昨年末からの1年間にこちらのギャラリーで個展をした作家による展覧会です。

絵画、写真、立体など、色々な作家の方の作品が3つのスペースを使って一同に。

HINOKI ANNUAL 2011-2012
日時:12月17日(月)~12月22日(土) 
   11:30am 〜 7:00pm (最終日は5:00pmまで)
場所:ギャラリー檜B, C, plus(私の作品はB, Cのどちらかの予定)

今回はせっかくなので、平面ではなくちょっと遊んでみました。

先日のライブ会場での本ディスプレイが気に入ったので、引き続き本をモチーフにしました。

Open your book

ご覧になる方が、開けてみて頂けるようになっています。中味はぜひ会場で(笑)。


テーマは、


「open your book」


ということです。皆さんそれぞれの「自分」という本を開いて読んでほしい。そんなことを考えています。


展覧会自体、いろいろな方の作品を見ることができるので、私自身も楽しみにしています。

銀座はクリスマスイルミもきれいな季節。お散歩がてらにでもぜひ。

大人数のグループ展なので本人が会場にいることが難しいのですが、ご興味ある方はお気軽にお立ち寄りになってみてください。
[PR]
都筑アートプロジェクトの展示が、無事終了しました。

(最終日のイベントは、雨天で延期になり11/4に行われます)

ご覧頂いた皆様、ありがとうございます。

TAP_title



今回の展示の写真は、すべて展示場所である横浜市営地下鉄センター北駅周辺で撮りました。私の感じた、ニュータウンのイメージとともに。

Bear alone at new town

Bear alone at new town


街を彷徨うのは、くまひとり。


Bear alone at new town

基本的に、この「Bear alone」シリーズは、世の中では、震災以来特に「絆」とかいろいろ人のつながりの大切さが言われていますが、まず、自分自身を見つめることが大切、ということを密かに言いたくて始めました。

以前、「アーティストのafter 311」で何かできないかという話をしていたとき、ある画家さんが震災で感じたこととして「虚無感」というのをおっしゃっていました。

また、津波であまりにも多くが失われた陸前高田市を訪れた際、ほんの数メートルの高さの差で家が津波をまぬがれた方が、なくなってしまった市街のほうを眺めながら、「津波は1分ですべてがなくなってしまうから怖い」とおっしゃっていたのも印象に残っています。

人の存在は本当に寄る辺ないもの。どんなに大切にしているものも、本当にあっけなく奪われてしまうこともある。


命だけあったとして、最後に残るものはなんなのか?


人は、いつか、素の、剥き出しの自分とだけ向き合わなければならない時がくると思うのです。

なので、孤独も受け入れること、自分自身を深くみつめることは大事。


... と、テーマはヘビーなのですが、なにせくまなので、楽しんで撮っています。

今回、屋外(厳密には屋根がありますが)展示は不慣れなので、いろいろ反省点もありますが、なにより写真自体を撮るのが楽しかったので、参加させて頂いて本当によかったです。

(※今回の写真はそのうち、ウェブにあげる予定)

↓ この写真は、遺跡公園にて。集落跡復元図のうえで。「ニュータウン」は意外と太古からニンゲンが居住していたのです。

Bear alone at new town


くまは、またどこかに出没できたらいいなと思っています。


Bear alone at new town
[PR]
都筑アートプロジェクト 2012、開催中です!

TAP_title


【会期】
2012年10月7日(日)~10月28日(日)

【会場】
横浜市営地下鉄センター北駅グリーンライン高架下、大塚歳勝土遺跡公園(センター北駅より徒歩5分)

高架下フェンス内は週末のみオープンしますが、フェンス外からでも、展示がいつでもご覧頂けます。
週末には、ワークショップやライブなどあり。

スケジュールや、緊急レポなどは、プロジェクトのFacebookページでチェックしてみてください。 追記:要ログインです。(先日まで普通に見れたのに?!)

お近くの方はぜひ。


ちなみに、私は、こんな感じの写真を、センター北駅構内のすみっこに展示というか、ぺたぺたと貼付させて頂いております。

本日、展示写真の写真を撮ってくださっている方を発見。ありがとうございます!

今回展示のコンセプトなどの話は追って。

Bear alone at new town
[PR]
先日ご案内した、都筑アートプロジェクト 2012の展示、始まりました!

TAP_title

【会期】
2012年10月7日(日)~10月28日(日)

【会場】
横浜市営地下鉄センター北駅グリーンライン高架下、大塚歳勝土遺跡公園(センター北駅より徒歩5分)

前日と前々日の二日をかけて、自分の作品と、あと今回製作させて頂いた、駅構内の床に貼るシールを設置してきました。

ちなみに、シールはこんな感じ。駅改札出たところから、私の写真の展示をしてある構内通路を通って、もう1点駅入り口の展示近くまで、ナビとして点々と続いております。

そして、駅出口を出た高架下が、立体作品やワークショップの会場になります。また、少し離れた、歴史博物館プレハブでのイベントもあり。

PA078956

ちなみに、このシールは、よく駅や商業施設の床に、案内や広告宣伝として貼ってあるのと同じものです。

今回初めて制作させて頂いたのですが、面白い経験でした!

データは普通にIllustratorで納品、シールはB3が最小サイズだったので、自分でカットしました。意外とと柔らかくて扱いやすい素材でした(ただし裏面がすべるので、カッターを当てるのがちょっと大変でした)。ヘタレなカッターでも切れたので、普通にはさみで好きなカタチに切り抜くとかも簡単だと思います。

きちんと適度な厚みもあるので、貼る時もそれほど大変ではありませんでした。ただ、特大サイズとかになると専門の方にお願いしたほうがよいそうです。


そして、今回、写真、というか、写真を使ったインスタレーション的な展示をさせて頂いております。

詳細、及び、他の作家さんの作品の紹介などはまた追って。

気軽に参加して頂けるワークショップやライブもあり。気楽に楽しめるイベントだと思います。お近くの方はぜひ!


↓ 駅構内(!)に、ポスターと一緒に!

PA078988
[PR]
都筑アートプロジェクト、直接の情報ページがアップされました!

こちらから >>> 都筑アートプロジェクト2012

ちなみに、ウェブやフライヤーで使用している、この「TSUZUKI ART PROJECT 2012」というロゴですが、参加者全員で分担して1〜2文字を作成したものなのです。


TAP_title
[PR]