大地震、大変なことになっていますね。


被害状況の全貌もまだわからないながら、街とか「市」がまるごと壊滅、などと聞くと、本当に胸が痛みます。


それと同時に、ニンゲンという生き物は、この大きな星の上にしがみついて、イエを建てたり、マチを作ったり、ミチを通したり、ハタケを耕したり、ちまちまやっているけれど、本当にあっけない存在、とつくづく思い知らされもします。


ニュースに頻繁に登場する気仙沼に行ったときのことも思い出したりしてますが、とても静かな漁港の街。フカヒレのお寿司が美味しかったな、などと懐かしく思い出してましたが、写真は見当たらず。

代わりに、2006年の青森の旅の写真を。コンパクトデジカメで撮った写真ですが。街や港ののんびりした雰囲気が思い出されます。

青森も八戸のあたりとか大変みたいです。まだまだ復興がどうのということすら考えられる段階ではないでしょうが、はやく復旧するとよいですね。

Two

Sea gulls

Grasses

Silhouette

Windmill

Train driver
[PR]
旅の終わり、カメラ&レンズくんの紹介。


マニアック(?)な話なので、ご興味ある方だけどうぞ。

* 以下、写真はLightroom 2で若干の補正をしている場合があります。


今回の旅のお供は、オリンパスE-620。レンズは、50mm(100mm相当)/F2.0マクロと、14-54mm(28 - 108mm相当)/F2.8 - 3.5 ズーム。

カメラについているのが、マクロ。フードのせいで大きく見えますが、かなり小型。右に立ててあるのが、ズーム。

Camera

ズームくんは、基本必要な画角をカバーしているので、風景撮りに活躍。すっきりしたヌケのよさと、カリカリしすぎない柔らかな描写が良い感じ。

Anrakuji temple

Bessho town

Komoro city

結構寄れるので、ゴハン撮りなんかにも使えます。旅にはこれ1本でも大丈夫。

お花撮りもそれなりに。

Zenkoji temple

今回の写真で、時々フレアとかゴーストとか入っているのは、不覚にも2日目でレンズフードを紛失したため(涙)。

時にはそれを利用してよい雰囲気が。

Komoro city


一方、50mmマクロ。画角の被るこのレンズをあえて持ち歩いたのは、やはり、「神マクロ」とも呼ばれる描写力。キレとボケにはいつもびっくり!

良いボケ加減とかでウデの悪さをカバーしてくれて助かる反面、ピントとか絞りとか、ヘタクソさも露呈(涙)。

Jorakuji temple

Jorakuji temple

Jorakuji temple

ゴハン撮りにも便利。写真は、朝食バイキングのトースト。

Good morning!

ただし、100mm相当なため、少し広く写したい場合は、かなりカメラを離さないといけません。その際は、立ち上がるのも面倒だし目立つので、E-620のバリアングル液晶を駆使して、手だけ伸ばしてハイアングルで撮影したりしてました。

よく考えると、かなり怪しいヒトになってた ... orz


写真は冷やしカブ。ISO800で撮影。

Food


あと、カメラの話ですが、せっかくの景色なのにどんよりの曇っているとき、E-620のアートフィルタ「ファンタジックフォーカス」が結構いいかも、と最近思い始めています。

Zenkoji temple

Zenkoji temple

以上です、

ヒマでヒマでヒマでしょうがない、という時は、すべての写真をどうぞ。

< Flickr!リンク> → 2010年4月 海の無い国を行く(すべての写真を見る)
[PR]
終わりの無い旅は無い、ということで、旅、最終日。


この日は、雨だったため、カメラも心配であまり写真も撮らないまま、すこしふらふら。


長野駅前は、正直普通。東急百貨店とかあるし。

もしかすると、長野オリンピックの時にでも、すっかり再開発されてしまったのかもしれません。

強いて言えば、バスがちょっと派手♪。

Bus


で、栗ようかんや栗らくがんで有名な桜井甘精堂のカフェ「栗の木テラス」を発見。

Cafe

桜井甘精堂は、本店は長野県の小布施にあります。栗好きな方はご存知かもしれませんが、ようかんや落雁は東京でも買えます。


しかし!


これはココでしか食べられない!(と思う)  栗と言えば、モンブラン!

Sweet

って、栗好きの方しか興味ないと思うんですけど、でも美味しかったです。

和菓子的に栗のある種「渋み」の持つ風味も残していながらも、とってもクリーミーなモンブランクリーム最高!


栗らー(笑)の方はぜひ!


本日の紅茶は、なぜかまたまた、カラメルティー。しかし、こちらは仄かにミント?っぽい引き締まったお味でした。

Tea

栗の木テラスは、裏手が公演。広くてゆったりした雰囲気。

Cafe

ランチも食べられます。

Food
[PR]
度々旅。


この日は、善光寺参り♪。


朝は雨でしたが、あがって、どんより曇天。


最初の入り口。結構人出。

Zenkoji temple

門に奉納されていたワラジ。

Zenkoji temple

次の山門、シブい!

Zenkoji temple

次!

Zenkoji temple

本堂!

Zenkoji temple

線香を奉納して、煙をあびていろいろお願いするシステムは、浅草寺と同じですね。

Zenkoji temple

本堂柱。

Zenkoji temple

このカッコいい紋は、「立葵」だそうです。

Zenkoji temple

堂内でお戒壇めぐり、というのをしました。前に行った、玉川大師の地下霊場めぐりと同じようなもので、地下の暗い通路を手探りで進む、というもの。


人生の暗闇で迷う心をシンボライズした体験、というところ。


しかし、あのときは、とても静かで雰囲気があったのですが、今回は混んでいて後ろから押されるわ、前にはぶつかるわ、の満員電車状態。

しかも、見つけなければならない「鍵」?はちょこっと触っただけで、なんか、善光寺くんだりまで来てなにやってるんだか... (涙)。

ただ、地下に潜る前に、本堂で聞かせてもらえる短いお経?的なもののパーカッション?が、カッコ良かったです。あれはなんていう名称なんだろう。「お経」とか「声明」は声だけ(プラス木魚)なんでしょうし。


その後、境内見学。かなり広い。


曇天のもと、ちょっと写真を。

Zenkoji temple

Zenkoji temple

この日はもう桜も満開近く。

Zenkoji temple

これは梅?

Zenkoji temple


その後、長野県信濃美術館を見学。

Nagano prefectual art museum

本館はエジプト展。早大探検隊の吉村作治先生の新発見の棺などを展示。面白かったです。衛星写真で、未盗掘の墓を発見!とか、技術の進歩ってスゴいなぁ、とあらためて感動。


そして、別館の東山魁夷館。建物もステキ!

Nagano prefectual art museum

中の展示も素晴らしかったです。東山魁夷はあまりに有名すぎて、逆に「実物」をちゃんと見たことが無かったのですが、やはり、印刷とは見えるものが全然違いました。


特に、池に映った木々の陰影などの繊細さが素晴らしい。


しかし、こういった絵の表現力を見ると、カメラのダイナミックレンジだの、ラティチュードだの、ホワイトバランスだの、ぐだぐだ言うのが無意味で、


手で描け!


って感じになりますね。


見学後は、門前のカフェで一休み。

Cafe

そばカステラ。

ちなみに、カステラとセットのカモミールティーは、カップの色がピンク系、紫系、オレンジ系から選べます、と言われ、当然(笑)写真写りを考えてオレンジを選びました。

Cafe

ヨモギ麩ぜんざい。

Cafe

この店は、メニューにオールドビーンズのコーヒーというのがあって、頼もうとしたら、お店の方が、「かなり濃いめですけど」と。


?という感じでいたら、「細かく言いますと」と前置きしていろいろ説明をした後、「フレンチローストより、エスプレッソより濃いですけど大丈夫ですか?」と、強く念を押され、あえなく断念。

隣の席のお客さんも、やはりそういわれて挫折してました。


... 頼む人いるんだろうか?



門前、雨。

旅はもう少し続くかも。

Zenkoji street

Red pepper shop
[PR]
別所の街、お散歩いろいろ。


泊まった宿の裏手。いかにも温泉街っぽい風景。

Spa resort Bessho

川。

Spa resort Bessho

Bessho

消防団。

Fire station

見かけたモクレンの木。

Bessho town

Bessho town

蔵?

Bessho town

別所温泉駅。

Bessho line

Bessho line

レトロ車両が展示してあります。

Bessho line

現行車両もけっこうレトロ?

Bessho line

旅はまだまだ続きます。

Bessho line
[PR]
別所温泉のお寺、続々。


最後は常楽寺。


前日の前山寺同様、立派な茅葺きの屋根!

Jorakuji temple

ここも、本堂の裏を登って行くと ...

Jorakuji temple

こちらは、鎌倉でもよく見るような石塔が。なかなかキレイな塔です。

Jorakuji temple

なんか、小さな塔もいっぱい。

Jorakuji temple

このお寺は、お庭も立派。とてもよく手入れされている。この日も、植木屋さんが3人ほど入っていました。

Jorakuji temple

Jorakuji temple

またまた梅!

Jorakuji temple

ツバキ。

Jorakuji temple

洒落たお休み処があり、梅ようかんで一休み。

Jorakuji temple

Jorakuji temple
[PR]
別所温泉のお寺たち、続き。


安楽寺。ここには、国宝の八角三重塔があります。


まず、黒門がカッコいい!

Anrakuji temple

途中の蓮池。この季節には蓮は無く、アヤメっぽい植物が。

Anrakuji temple

隣に来た、地元の小学生(低学年)らしい男の子に、これ何?アヤメ?と聞いたら、


「知らん。クサだ!」


と言われた。確かにね。... 小学生にナメられている(涙)。


鬱蒼とした木立の中に山門が。そういえば、このあたりは、「信州の鎌倉」と呼ばれているのでした。

Anrakuji temple

Anrakuji temple

Anrakuji temple

Anrakuji temple

Anrakuji temple

Anrakuji temple

本堂裏手、山道を少し昇ると、三重塔。

Anrakuji temple

この八角の屋根はめずらしいらしいです。

Anrakuji temple

Anrakuji temple
[PR]
別所温泉街には、狭い範囲ながらも、なかなかステキなお寺がいくつかあります。


まず、北向き観音。


変わった名前ですが、普通お寺は南向きに建てられるのが、この観音様は北を向いています。これは、善光寺と向き合うように建てられたのでは、と言われています。

Kitamuki Kannon temple

境内以外と広い。

Kitamuki Kannon temple

清水みたい。

Kitamuki Kannon temple

別棟的な建物。

Kitamuki Kannon temple

Kitamuki Kannon temple

絵馬。

Kitamuki Kannon temple

この旅で、巨木をたくさん見ている気がする。

Kitamuki Kannon temple

ここも、石垣がステキ!

Kitamuki Kannon temple

門前の通りを臨む。

Kitamuki Kannon temple
[PR]
旅は長々と。


夜は温泉!


で、なんと、夜、上田城の夜桜花見ツアーのバスがあるとのこと。


夜 ... と言われれば、行かないわけがない!(→参照)


上田城は、天守閣は残っていませんが、やぐらが3つ復元されているらしいです。

やぐらライトアップ。

Cherry blossoms at night

以下、地元のボランティアのガイドさんの後を追っかけながらの手持ち撮影のため、雰囲気だけ。


入り口のところのしだれ桜が満開!

Cherry blossoms at night

Cherry blossoms at night

Cherry blossoms at night

Cherry blossoms at night

Cherry blossoms at night

なんと言っても圧巻は、お堀の水に映る桜。世界が反転したかのような幻想的な雰囲気だったのですが、写真をうまく撮れず。コレも雰囲気だけ。

Cherry blossoms at night

Cherry blossoms at night

Cherry blossoms at night

ご興味ある方はぜひ実物を。

Cherry blossoms at night
[PR]
美術館近くのお寺、前山寺(ぜんざんじ)。


かなり広い。そして大木もいっぱい。入り口近くの木。

Zenzanji

参道が長い。

Zenzanji

山門。

Zenzanji

Zenzanji

本堂。茅葺きの屋根がすごい。

Zenzanji

三重塔。

Zenzanji

Zenzanji

Zenzanji

木!

Zenzanji

Zenzanji

ネコ発見!

Zenzanji

前の通りに咲いていたレンギョウ。遠くに山。

Zenzanji
[PR]