「The Days After 東日本大震災の記憶」石川梵写真展@武蔵野市立吉祥寺美術館

こちらのブログで紹介されていた、「The Days After 東日本大震災の記憶」石川梵写真展を武蔵野市立吉祥寺美術館に見に行ってきました。

Kichijoji Art Museum

吉祥寺美術館、初めて行きましたが、こんなところにあったとは! 前を何度も通ったことあるし、ビル自体も入ったことありました! (Planet Kのすぐ側です!)

Kichijoji Art Museum

石川梵さんは、ジャーナリストの方で、震災翌日にセスナをチャーターして現地入りし、空撮を始めとして、バイク、車などで各地を回り、写真を撮り、取材をなさったそうです。

震災直後から何度も足を運び、先日の1年目の日も含め、とても丁寧に取材をなさっているのに本当に感銘を受けました。

そして、あらゆる角度、観点からの写真の数々。新聞社の報道写真とは違う、もっと踏み込んだ目線。

昨夏、3回ほど自分でも被災地を訪問したため、いくつもの場所に見覚えがあります。同じ場所のより生々しい状況を見て、感慨を新たにもしました。

現地に行かれたことがない方でも、この展示をご覧になれば、時間を共に経験したような疑似体験ができるように思います。

これは、本当に貴重な震災の記録のひとつです。5月13日までとなっているので、お近くの方はぜひご覧になることをお勧めします。

入場料は市立のためたった100円! これで、となりの展示2つ(版画)も見ることができます。


行かれない方は、私も美術館で購入してしまいましたが、石川さんの出されているこの写真集がお勧めです。アマゾンでも買えるので。

写真自体もとても素晴らしく、壮絶とも言える美しさです。

book

美術館のミュージアムショップで、復興支援のため、東北の工芸品を販売していました。その中で、若柳地織(わかやなぎじおり)という縞木綿でできた、巾着。

とても美しい色目と手触りです。縫製も丁寧で、手仕事の美しさに満ちています。それでも価格はたった525円! 

しかも、この丸底のあるタイプが、ズームレンズ付きペンミニを入れるのにピッタリ(笑)ということで、こちらも購入。写真展に行かれた方は、こちらも要チェックです!

Bag
[PR]
by zebby_kk | 2012-04-04 23:38 | 写真の話