あのカメラとかこのレンズとか。

買い物の合間に、うっかり本屋さんを通り抜けたところ、うっかりこんな本を発見。

話題のあのカメラのムックです。

P5023318

って、購入予定も願望も妄想もないんですが、ひとつのお目当てはコレ。オマケ。

P5023319


今、あのカメラを買ってユーザ登録するとミニチュアが貰えるらしく、へぇ〜と思っていたのですが、なんとペンシリーズでも貰えるらしい!と思ったら、私は買ったのがちょっと早くてダメだった!などとココロの動揺を最近経験したり、前にデザイン雑誌のオマケのペンのミニチュアを手に入れているひとがいてうらやましいと思っていたりしたので、ついつい。

実際、オマケは、前に200円のガチャガチャで入手したペンタックスのと同じクオリティで、正直ちょっとがっかり。むしろ、ガチャののほうが、ひとまわり大きい分しっかりした作りに見えるし、ガチャのはボールチェーンが付いてるのに、こちらはヒモというのもなんだかなぁ ... 。ま、「交換レンズ」も付属ですけど(笑)。ちなみに、ガチャのペンタのもレンズ外せます。


で、もうひとつの目的は、マイクロフォーサーズのレンズに興味津々。

ウェブでも作例は見られますが、印刷されたときのイメージというか雰囲気を見てみたかった。

結論から言うと、正直、ココロを鷲掴み!的なレンズはあんまり無かった。

ペンミニで薄々感じていましたが、マイクロフォーサーズ自体の絵作りは、全体にやっぱり、くっきりはっきり系で、寒色系? 

作例は、ひとレンズに一個なので、印象は写真の種類にも左右されるのですが、個人的に好きな感じだったのが、LEICA DGのSUMMILUX 25mm/F1.4と、MACRO-ELMART 45MM/F2.8もともかく、M.ZUIKO DIGITALの12mm/F2.0。

評判のいい、45mm/F1.8の作例は以前からどんなのを見てもピンと来なかったのですが、今回も特に感動せず。

このムックでの12mm/F2.0のレビュー見ると、「線の太い感じ」とあったので、ポイントはそこかもと思ってみたり。そういう感じの方が好きなのかも。

もっとも、12mm(24mm相当)なんて広角、貰っても(←くれない)なかなか使いこなし難しそうですが。

現実的な妄想(あくまで)としては、SUMMILUX 25mm/F1.4がちょっと気になりますが、これだったら、フォーサーズ用と一緒。そして、カカクコムとかちょっと見てみたら、フォーサーズ用は時々本当にドラマチックに写る時があるけど、マイクロフォーサーズのは普通に優等生な感じ、とのこと。

もちろん、写真はレンズを含む機材がすべてではないですが、機材が(もちろんウデも)良くなることで、確実に(いろんな意味で)「歩留まり」は良くなるからなぁ ... 。


ムックをしみじみ眺めていたら、あのカメラの「オーナーズBOOK」って副題が付いてた!

オーナーでもなく、なる予定も、妄想も野望も無いのに、買っちゃってすみません。

とはいえ気になる、あのカメラの話題はまた追々(買わないけど)。


写真は散り敷いた八重桜。スゴイことになっていた。

Flowers

Flowers
[PR]
by zebby_kk | 2012-05-02 06:00 | いろいろ